野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

巨人、ミスミスミスでソフトバンクに先制点献上

巨人が9日、ソフトバンクとのオープン戦(ヤフオクドーム)で守備面での不安を露呈した。

ソフトバンク

2回にミス連発

 巨人が9日、ソフトバンクとのオープン戦(ヤフオクドーム)で守備面での不安を露呈した。

 2回の守備だった。先頭・長谷川の打球は三遊間へ。遊撃・坂本が逆シングルでキャッチし、素早く一塁へワンバウンド送球したが、一塁・ギャレットがファンブル(記録は坂本の失策)。先頭打者に出塁を許すと、中村晃の一、二塁間の打球では投手・ポレダの一塁ベースカバーが遅れ二塁内安打。いずれも打ち取った打球だったが、無死一、二塁のピンチを招いた。

 今宮の四球で無死満塁。今度は捕手・小林がポレダの斐紹への3球目・直球をパスポールした。三塁走者・長谷川が生還し、易々と先制点を献上。ベンチの井端内野守備走塁コーチは、渋い表情のままだった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング