野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 緒方広島、野間のタイムリーでOP戦初サヨナラ勝ち “開幕前哨戦”を制す

緒方広島、野間のタイムリーでOP戦初サヨナラ勝ち “開幕前哨戦”を制す

広島が12日のDeNA戦(マツダスタジアム)で、3-2でオープン戦初のサヨナラ勝ちを飾った。

9回に逆転、最後は“秘蔵っ子”が決めた

 広島が12日のDeNA戦(マツダスタジアム)で、3-2でオープン戦初のサヨナラ勝ちを飾った。

 1点を追う9回、先頭・西川の中前安打、ルナの左前安打で無死一、三塁とし、エルドレッドの中犠飛で同点とした。さらに、新井の中前安打、プライディの敬遠四球などで2死満塁。ここで緒方監督の“秘蔵っ子”野間の打球は二塁ベース付近へ。二塁手・内村はベース手前でステップが合わず捕球ミスとなり、サヨナラ打となった。

 開幕投手のジョンソンは5回で6奪三振、無四球、3安打無失点と順調な仕上がり。1点ビハインドの8回から救援したジャクソン、9回の中崎が3人で抑え、サヨナラの流れを作った。

 オープン戦は引き分けを挟み2連敗中だったが、DeNAとの“開幕前哨戦”でサヨナラ勝ち。ベンチの緒方監督は納得の表情だった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中