野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 巨人、OP戦連敗を「5」でストップ 三塁の定位置争う村田が決勝打

巨人、OP戦連敗を「5」でストップ 三塁の定位置争う村田が決勝打

巨人が13日の西武戦(西武プリンスドーム)に3-2で勝利し、オープン戦の連敗を「5」で止めた。

full-count18

チームは試合前まで深刻な貧打も、久々に2本のタイムリー

 巨人が13日の西武戦(西武プリンスドーム)に3-2で勝利し、オープン戦の連敗を「5」で止めた。

 1点を追う5回。1死二塁から高卒2年目・岡本和真の適時二塁打で同点。試合を決めたのは岡本と三塁の定位置を争う代打・村田修一だ。同点の7回2死満塁で高木勇の代打で登場。エース・岸の直球を軽打で右前へ打ち返す2点打で勝ち越した。

 2年目の高木勇は6回5安打1失点。失点を外崎のソロ本塁打のみに抑えた。2点リードした7回は山口、8回はマシソンが無失点投球。9回は澤村が1点を失ったものの、逃げ切った。

 試合前まで1引き分けを挟み5連敗中だった巨人は貧打が深刻だった。試合前までの最近5試合で3得点。チームは20イニング連続得点、44イニング連続タイムリーなしだった。

 4日のオリックス戦(京セラドーム大阪)以来の白星を逆転勝ちでつかんだ。高橋由伸監督も、ホッと一安心したに違いない。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング