野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 上原浩治
  • 今季はセットアッパーの上原浩治、新戦力加入のRソックス救援陣は「贅沢」

今季はセットアッパーの上原浩治、新戦力加入のRソックス救援陣は「贅沢」

上原は今季からセットアッパーに配置転換となる。ただ、大型補強でメジャー屈指の陣容となった強力ブルペンについて、本人は「贅沢」と自画自賛していると、地元紙「ボストン・グロープ」が伝えた。

20160313_uehara

7か月ぶり実戦で1回3安打2K1失点、今季のブルペンはメジャー屈指の陣容に

 レッドソックスの上原浩治投手が12日(日本時間13日)、オープン戦マーリンズ戦で昨年8月7日のタイガース戦で右手首骨折後、初の実戦登板を果たした。

 昨季まで絶対守護神として本拠地フェンウェイ・パークに君臨してきたが、チームはパドレスから大型トレードでメジャーNO1クローザーのクレイグ・キンブレル投手を獲得。上原は今季からセットアッパーに配置転換となる。ただ、大型補強でメジャー屈指の陣容となった強力ブルペンについて、本人は「贅沢」と自画自賛していると、地元紙「ボストン・グロープ」が伝えた。試合は11-8でマーリンズが勝利している。

 上原はこの試合で6回に登板。約7か月ぶりの実戦マウンドで1イニングを投げ、3安打2奪三振。1失点を喫したものの、ジョン・ファレル監督は宝刀スプリットのキレ味を絶賛していた。

 今季は、田澤純一と新加入のカーソン・スミスが6、7回を受け持ち、上原は8回、キンブレルが9回に登場する形となる。記事によると、セットアッパーとクローザーの違いについて質問された上原は通役を介して「ありません」と語ったという。

人気記事ランキング