野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 巨人連敗ストップ、ロッテ平沢初安打、阪神藤川5回無安打…13日のOP戦

巨人連敗ストップ、ロッテ平沢初安打、阪神藤川5回無安打…13日のOP戦

プロ野球のオープン戦は13日、各地で6試合が行われた。

20160313_okoye_atp

楽天ゴームス2号&オコエ適時打、黒田6回2失点、ソフトバンク6連勝

 プロ野球のオープン戦は13日、各地で6試合が行われた。

◇西武 2-3 巨人(西武プリンスドーム)

 巨人がオープン戦の連敗を「5」で止めた。1点を追う5回に岡本が同点の適時二塁打。7回には代打・村田の2点打で勝ち越した。2年目の高木勇は6回5安打1失点と好投。試合前までの最近5試合で3得点だったが、岡本の一打が49イニングぶりのタイムリーで25イニングぶりの得点をもたらした。西武・岸は7回108球を投げ、5安打3失点だった。

◇ロッテ 4-3 オリックス(QVCマリン)

 ロッテが土壇場で逆転勝ち。8回まで無得点も、9回にオリックス4番手海田を攻め、細谷の2ランで1点差。さらに3連打で満塁として井上が同点タイムリー、1死後に吉田がレフトオーバーのサヨナラ打を放った。ドラ1平沢は7回に右前打を放ち、オープン戦12打席目で初安打をマーク。オリックスは先発・西が5回無失点と好投。6回にはモレル、ボグセビックの新助っ人コンビに連続タイムリーが飛び出すなど、明るい材料もあった。

◇楽天 6-4 中日(静岡)

 楽天は2回に哲朗のタイムリーで先制すると、新助っ人ゴームズの2号2ランが飛び出し3点を先制。5回には枡田のタイムリーで3点目。さらに、注目のドラ1オコエもタイムリーで続き、新加入の栗原にも適時打が飛び出し6点差とした。先発・塩見は4回3安打無失点の快投。2番手浜矢が3イニング目の7回に4失点した。中日は先発・山井が5回7安打6失点(自責5)と炎上。ドラ1小笠原は1回2安打無失点だった。

◇阪神 4-0 日本ハム(甲子園)

 阪神が完封勝ち。4年ぶりに復帰した藤川は5回を無安打無失点1四球の“準完全”の快投。2番手以降も日本ハム打線を抑えこんだ。打線は6回に爆発。2死三塁から北條の中前適時打で先制すると、ヘイグの左前打、ゴメスの適時二塁打など5連打を含む6安打4得点で試合を決めた。ドラ1高山は代打で遊飛に終わり、オープン戦での連続試合安打は「7」で止まった。日本ハム先発有原は5回まで1安打投球も、6回に突如崩れた。

◇広島 3-2 DeNA

 広島の先発・黒田オープン戦2度目の登板で6回6安打2失点2奪三振1四球と上々の仕上がりも、DeNA打線は5回に黒羽根、倉本の連続タイムリー2点を奪った。しかし、広島は6回に安部のタイムリーで1点差とすると、新助っ人プライディの逆転2ランが飛び出した。DeNAは先発ローテ入りを目指すモスコーソが5回2安打無失点と好投も、2番手平田が3失点とふるわなかった。

◇ソフトバンク 4-0 ヤクルト

 ソフトバンクはこの日も強さを見せ、オープン戦9試合負けなしの6連勝とした。初回に3番・柳田の右中間適時二塁打で先制。4回に2点を加えると、7回には高田の中前適時打を放った。先発の武田は5回4安打無失点6三振。救援陣も無失点に抑えた。ヤクルトはいいところなく完敗。昨年の日本シリーズの再現となった2連戦は、ソフトバンクが2連勝。今年も死角が見当たらない。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中