野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • “野球女子”の次は“野球シニア”? 西武が早大と共同研究へ、その狙いは

“野球女子”の次は“野球シニア”? 西武が早大と共同研究へ、その狙いは

2016年3月14日。開幕戦を3月25日に控える、埼玉西武ライオンズの本拠地・西武プリンスドーム。オープン戦が束の間のお休みのこの日、人影まばらな球場の一室に、シニア世代の方が次々と入っていく光景があった。

なぜ西武が早大と共同研究? 野球観戦が秘める可能性とは

 2016年3月14日。開幕戦を3月25日に控える、埼玉西武ライオンズの本拠地・西武プリンスドーム。オープン戦が束の間のお休みのこの日、人影まばらな球場の一室に、シニア世代の方が次々と入っていく光景があった。

 その正体は、同日開始された「埼玉西武ライオンズと早稲田大学の共同研究」のシニアモニター(被験者)の方々への初回説明会である。研究のテーマは、「野球観戦が高齢者の健康に与える効果」について――。

 この研究の仮説は2つある。

 1つは、球場に足を運んだり、球場で応援したりする“活動”が、身体的・精神的な健康に良い効果をもたらすのではないか? という仮説。

 確かに、野球観戦ではグッズを使っての応援や、ホームランや得点シーンでの熱狂、ラッキーセブンでの応援歌など、身体を使うシーンが数多くある。実際に西武プリンスドームに足を運んでも、元気に応援フラッグを振り、「吠えろライオンズ」を元気に歌うシニア世代の方をよく見かける。またご存知の方も多いと思うが、埼玉県所沢市の丘陵地帯にある西武プリンスドームは、坂や階段が比較的多く、観戦時の活動量が大きい。外野の入場ゲートから内野席を目指す外周の通路は、なだらかな坂が続く名物箇所だ。

 2つ目は、「野球観戦の趣味を持つこと」・「ひいきのチームを持つこと」が日常生活にもたらす波及効果だ。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中