野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 日ハム・レアードの打球がヤクルト上田の額付近に直撃、三塁打に

日ハム・レアードの打球がヤクルト上田の額付近に直撃、三塁打に

日本ハムのブランドン・レアード内野手が20日、“脳天直撃三塁打”を放った。

20160320_laird

球場は一時騒然、上田はプレー続行

 日本ハムのブランドン・レアード内野手が20日、“脳天直撃三塁打”を放った。

 ヤクルトとのオープン戦(札幌ドーム)で「7番・三塁」でスタメン出場した。4点リードの3回1死。原樹理のシュートを強振した打球は中堅後方へ。中堅フェンスでジャンプして捕ろうとした中堅・上田のグラブに届かず、フェンスに当たった打球は上田の額付近に直撃。そのまま上田がうずくまる間に、打ったレアードは三塁へ進んだ。

 球場は一時騒然。ヤクルト首脳陣が現場に駆けつける事態となったが、上田はそのままプレーを続行。三塁ベース上のレアードも、どこか心配そうな表情だった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング