野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • “伏兵”が打線牽引のロッテ、今年も強いホークス…パ球団の仕上がりは?

“伏兵”が打線牽引のロッテ、今年も強いホークス…パ球団の仕上がりは?

21日でオープン戦の全日程が終了した。25日から、143試合という長く過酷なシーズンが幕を開ける。各チームの仕上がりはどうだったのか。オープン戦での戦いぶりをもとに、検証したい。

20160320_yanagita

OP戦終了、パの順位はロッテ、ホークス、楽天、西武、日ハム、オリに

 21日でオープン戦の全日程が終了した。25日から、143試合という長く過酷なシーズンが幕を開ける。各チームの仕上がりはどうだったのか。オープン戦での戦いぶりをもとに、検証したい。

 オープン戦の全日程を終え、パ・リーグ6球団の順位はロッテ、ソフトバンク、楽天、西武、日本ハム、オリックスとなった。

 ロッテは16試合を戦い、9勝4敗3分。ナバーロの離脱という緊急事態で打力の低下が懸念されたが、鈴木大地選手が12球団でトップタイの打率・400、成長著しい井上晴哉選手が打点ランキング2位の13打点をマークするなど、伏兵が攻撃陣を引っ張った。

 ロッテに次ぐソフトバンクは15試合で8勝4敗3分。順位は2位だがロッテよりも1試合少なく、昨年覇者が安定した強さを発揮したといえる。何と言っても昨年のトリプルスリー、柳田悠岐選手。5本塁打、14打点は12球団いずれもトップの“2冠”だ。昨年のMVP男は、今年も大いに期待できそうだ。

 メジャーから復帰した和田毅選手も問題なく先発ローテーションに加入。オープン戦は失点0で終えた。4番が有力な内川聖一選手の離脱はあったものの開幕には間に合いそうで、選手層の厚みも健在だ。

人気記事ランキング