野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • MLBで増える韓国人選手 KBOは「NPBに差をつけられているが、MLBに近い」

MLBで増える韓国人選手 KBOは「NPBに差をつけられているが、MLBに近い」

米スポーツサイト「スポーツ・オン・アース」が、MLBで急増する韓国人プレーヤーについて、特集を組んだ。

20160322_kang

米スポーツサイトが特集、「韓国出身の選手たちはMLBに名を刻む」

 米スポーツサイト「スポーツ・オン・アース」が、MLBで急増する韓国人プレーヤーについて、特集を組んだ。現在、打者を中心に韓国人選手の存在感は増しており、「韓国出身の選手たちは、MLBにその名を刻む」とのタイトルで取り上げている。

ムードメーカー松田が呼んだWBC初戦勝利 4安打4打点1盗塁とフル回転(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 記事ではまず、韓国リーグKBOを経由せずに米球界入りした秋信守外野手(レンジャーズ)について紹介。マリナーズと契約を結び、マイナーからメジャーに這い上がった秋信守は「自分にとって、マイナーでの7年間は学ぶことがたくさんあった。野球のことだけでなく、チームメイトやコーチとの接し方など、全てにおいてだ」と話しているという。

 ただ、その後、ほとんどの韓国人選手はKBOからの移籍という形でメジャーの世界に飛び込んでいる。そして、特に重要だったのは、昨年ルーキーながらパイレーツの遊撃・三塁で及第点の動きを見せ、打率2割8分7厘、15本塁打、58打点と打撃で好成績を残した姜正浩の活躍だという。

「柳賢振(ドジャース)の成功は重要であった。しかし、姜正浩の傑出したルーキーシーズンでの活躍は、KBOからMLBへ直接挑戦するための扉を開く、真の決め手となった」

 今季は朴炳鎬(ツインズ)、金賢洙(オリオールズ)だけでなく、NPBも経由して李大浩(マリナーズ)、呉昇桓(カージナルス)がMLBでプレーするチャンスを得たことについて言及。「もし彼らのいずれかが姜正浩のような活躍をすることになれば、韓国はキューバのような選手獲得の場になることも考えられる」としている。

人気記事ランキング