野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • コラム
  • 【高校野球】大阪桐蔭が土佐に大勝 プロ注目左腕・高山が8回零封&打線爆発12安打9点

【高校野球】大阪桐蔭が土佐に大勝 プロ注目左腕・高山が8回零封&打線爆発12安打9点

第88回選抜高校野球大会は23日、大会4日目を迎え、第1試合は大阪桐蔭(大阪)が土佐(高知)を投打で圧倒し、9-0で下した。

大阪桐蔭が土佐を投打で圧倒

 第88回選抜高校野球大会は23日、大会4日目を迎え、第1試合は大阪桐蔭(大阪)が土佐(高知)を投打で圧倒し、9-0で下した。昨秋に最速150キロをマークしたプロ注目の左腕・高山が緩急を織り交ぜた投球で土佐打線を8回2安打零封。打線も12安打で9点を奪う猛攻を見せた。

 高山は2回、連続ヒットなどで1死満塁のピンチを招いたが後続を断ち、無失点で切り抜ける。するとエースは徐々に調子を上げ、3回以降は二塁を踏ませないピッチングを見せた。

 打線もエースの好投に応える。3回1死二、三塁と好機を作ると3番・吉沢がレフト線へ先制の二塁打。さらに5番・古寺が2死満塁からレフト前へ2点タイムリーを放ち、この回3点を奪った。

 6回には無死二塁から7番・栗林がレフト前に弾き返し、加点。さらに1番・永広にもタイムリーが飛び出し、リードを5点に広げる。7回には相手のエラーも絡んで2点を追加。8回にも中山、吉沢と2者連続の三塁打などで2点を奪った。

 高山は8回を2安打8奪三振、無失点の好投。2番手の徳山が9回を締めて、土佐に完勝した。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中