野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 森脇浩司氏がペナント予想 セは阪神が「総合力も含めて1位」、パは…

森脇浩司氏がペナント予想 セは阪神が「総合力も含めて1位」、パは…

打線魅力のヤクルト、広島は前田の穴どう埋めるか

 昨年の覇者・ヤクルトは41セーブを挙げたバーネットに代わる守護神を確立できるかがカギになります。スタートは経験のあるオンドルセクが務めそうですが、新助っ人のルーキ、ペレスも状態によっては後ろに回る可能性もあるでしょう。日本大表の経験も積んだ秋吉も面白い。打線は文句なしのラインアップが揃っている。開幕はバレンティン、畠山がケガで遅れそうですが1年のシーズンを考えれば12球団トップクラスの力がある。オリックスから入団した坂口も好調でさらに打線に厚みが加わったイメージです。

 選手層の厚さに関しては巨人がNO1です。先発のマイコラス、内海、杉内らがケガや不調で出遅れるのは厳しいですが、それを補う選手がいるのが強み。ヤンキースからギャレット・ジョーンズ、ロッテからルイス・クルーズと外国人の補強もオープン戦を見ると機能しています。阿部が再び捕手としてチームを引っ張ることができるか、これも見所の一つだと思います。球界にとって暗い話題もあった巨人ですがスタートダッシュに失敗さえしなければ十分に上位に食い込んでくる力はあります。

 広島はメジャーに渡った前田の穴が大きい。先発として貯金を残せて1年間フル回転できる柱を失いました。それをどう補うか。ドラフト1位の岡田、2位の横山が好調で開幕1軍入りしましたが、ルーキーに前田の代役を期待するのは荷が重い。打者には鈴木、田中、野間と若くポテンシャルの高い選手が多く、黒田を軸に投手陣を確立することができれば面白いと思います。

 DeNAはダークホース的な存在。ドラフト1位の今永はケガなく1年間投げることができれば2桁勝利も十分に狙えます。救援陣を見れば抑えには山崎康、実績もあり復活の兆しを見せる三上ら勝ちパターンを確立できる枚数は揃っています。先発陣がそこまでどうつなげるか。また、ドラフト4位・ルーキーの戸柱が正捕手争いに名を連ねています。新人捕手がどこまでチームを引っ張れるかも注目したいと思います。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」