野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 日ハム大谷、初回160キロ連発も…不安定な制球でまさかの3失点

日ハム大谷、初回160キロ連発も…不安定な制球でまさかの3失点

日本ハムの大谷翔平投手が25日、ロッテとの開幕戦(QVCマリン)で先発。160キロの直球を連発したものの、初回にまさかの3失点を喫した。

20160316_ohtani

課題の立ち上がりに打者6人、3安打3失点

 日本ハムの大谷翔平投手が25日、ロッテとの開幕戦(QVCマリン)で先発。160キロの直球を連発したものの、初回にまさかの3失点を喫した。

 初回、先頭・岡田の中堅方向への打球を取り損ね、投ゴロ内野安打。続く高浜の送りバント、暴投などで2死三塁。デスパイネに高めに浮いたフォークを中前適時打され先制点を許した。

 さらに、角中に四球を許し、同一、二塁。高めに浮いたフォークを左翼線へ運ばれた。走者一掃の2点二塁打で3点のリードに広げられた。

 課題だった立ち上がりに打者6人、1四球3安打3失点。不安定な制球で、ロッテ打線に飲み込まれた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング