野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

関東王者・木更津総合が大阪桐蔭破りベスト8へ 昨秋の雪辱果たす

第88回選抜高校野球大会は26日、7日目が行われ、関東王者で2年連続3度目の出場となった木更津総合(千葉)が強豪・大阪桐蔭(大阪)を4-1で破り、秋の神宮大会の雪辱を果たした。

20160212_阪神

大阪桐蔭エース高山を攻略

 第88回選抜高校野球大会は26日、7日目が行われ、関東王者で2年連続3度目の出場となった木更津総合(千葉)が強豪・大阪桐蔭(大阪)を4-1で破り、秋の神宮大会の雪辱を果たした。

 木更津総合の先発・早川隆久は初回、大阪桐蔭の3番・吉沢一翔に左翼席へ本塁打を浴びたが、その後は要所を締める投球。強力打線に対して緩急織り交ぜ、打たせて取るピッチングを披露。大阪桐蔭打線を1失点に抑える好投を見せた。

 木更津総合打線は集中打で得点。1点を追う3回、木戸涼の右前打などで1死満塁から主将で3番の小池航貴の左翼への2点打、さらに4番の鳥海嵐万、5番の山下輝のタイムリーが飛び出し、4連打で一挙、4得点。高山を攻略した。

 明治神宮大会では大阪桐蔭が準々決勝で5-2で勝利。高山と早川が先発し、好ゲームを見せていた。場所を甲子園に移した再戦では、大阪桐蔭との対戦を楽しみにしていた木更津総合が勝利。関東では唯一、残っている同校がベスト8に駒を進めた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング