野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 広島、3点差逆転し開幕カード勝ち越し ドラ6・オスカルがプロ初白星

広島、3点差逆転し開幕カード勝ち越し ドラ6・オスカルがプロ初白星

広島が27日のDeNA戦(マツダスタジアム)で6-3と逆転勝ちし、開幕カード勝ち越しを決めた。

20160327_oscar

打線が3点差逆転、DeNAに2連勝

 広島が27日のDeNA戦(マツダスタジアム)で6-3と逆転勝ちし、開幕カード勝ち越しを決めた。

 広島・福井、DeNA・石田の両先発が上々の立ち上がりを見せ、4回まで両チーム無得点。迎えた5回、福井はDeNAドラフト4位ルーキー戸柱に被弾し、6回にも筒香に2ランを浴びて0-3と苦しい展開となる。

 しかし6回裏、打線が奮起。1死からルナが二塁打を放つと、ここで石田が降板。代わった長田から死球、四球で1死満塁とすると天谷が押し出し四球を選び、2点差に。続く會澤がレフト前に2点適時打を放ち、同点に追いつく。

 さらに7回には菊池、丸の連打で無死一、三塁とするとルナのサードゴロの間に1点を勝ち越し。続くエルドレッドのタイムリー二塁打でリードを2点に広げる。8回にも田中のタイムリーで3点差とした広島はそのまま勝利。初戦を落としながらその後を連勝し、2勝1敗で開幕カード勝ち越しを決めた。

 福井は6回を6安打3失点。その後をドラフト6位仲尾次オスカル、ジャクソンとつなぎ、9回は守護神・中崎が締めた。7回の1イニングを1安打無失点に抑えた仲尾次が勝利投手となった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング