野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 大谷翔平、内角攻めに屈しない高度な技術 1号&5打点「ずっと狙っていた」

大谷翔平、内角攻めに屈しない高度な技術 1号&5打点「ずっと狙っていた」

「打者・大谷」は「投手・大谷」の危険を大歓迎――。 日本ハム・大谷翔平投手が29日のオリックス戦(札幌ドーム)で内角攻めに屈しない打撃を見せた。

20160219_otani

内角攻めなんの、自己最多1試合5打点「もともと内角は嫌いではない」

 「打者・大谷」は「投手・大谷」の危険を大歓迎――。 日本ハム・大谷翔平投手が29日のオリックス戦(札幌ドーム)で内角攻めに屈しない打撃を見せた。

 まさに完全攻略だった。大谷は5回無死一、二塁で西の内角143キロを左越え1号3ラン。続く6回1死二塁では左腕・大山の内角高めへの134キロ直球を左前適時打とした。初回1死満塁の西の内角直球を打ち返す中犠飛と合わせ、自己最多1試合5打点をマークした。

 この日、オリックスバッテリーは大谷へ徹底した内角攻めを敢行した。4打席12球のうち内角へは10球を数えた。捕手・山崎勝、伊藤光が構えた数を合わせれば全12球が内角要求だった。

 故障のリスクが増えるインコース攻め。「投手・大谷」の故障の原因にもなりかねないが、インコースは「打者・大谷」の得意コースのようだ。

 大谷「もともと内角は嫌いではない。左前適時打も詰まってましたけど、振り抜けたので(三遊間を)抜けてくれた。ずっと内角に来てましたし、逆に絞りやすかった。ずっと内角を狙ってました」

人気記事ランキング