野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 5打点好発進の「打者・大谷」、昨季の打撃で「納得できなかったこと」

5打点好発進の「打者・大谷」、昨季の打撃で「納得できなかったこと」

日本ハムの大谷翔平投手が29日、今季1号を含む自己最多1試合5打点と大暴れした。試合後には今季初めてヒーローインタビューに臨んだ大谷。内角攻めを逆手に取った打撃や、昨季打撃不振に苦しんだ理由などを明かした。

20160214_otani2

“野手開幕戦”で好感触 「1本目が出るまでは不安」

 日本ハムの大谷翔平投手が29日、今季1号を含む自己最多1試合5打点と大暴れした。

 オリックスとの本拠地開幕戦(札幌ドーム)に「6番・DH」でスタメン出場。5回無死一、二塁の第3打席で西から左越え1号3ランを放つと、6回1死二塁の第4打席では左腕・大山から左前適時打。初回1死満塁でも中犠飛を放っており、3打数2安打5打点と大活躍した。

 試合後には今季初めてヒーローインタビューに臨んだ大谷。内角攻めを逆手に取った打撃や、昨季打撃不振に苦しんだ理由などを明かした。

――“野手開幕戦”だった。気持ち的にはホッとしたか。

「1本目が出るまでは不安。1打席目(の中犠飛)は打ち損じましたけど、最低限の仕事が出来た。1打席目で楽になったと思います」

――5回の1号3ランを振り返って。

「ストライクゾーンに来た球だけをしっかり打つことだけを考えてました」

――オリックスは徹底した内角攻めをしてきた。

「内角はずっと狙ってました。ずっと内角に来てましたし、逆に絞りやすかったです。しっかりと引っ張らずに左中間に飛ばせたのは良かったです。ちょっと詰まりましたけど」

人気記事ランキング