野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 広島エルドレッド、気迫の“流血ヘッド” 地面に顔面強打で一時治療へ

広島エルドレッド、気迫の“流血ヘッド” 地面に顔面強打で一時治療へ

広島のブラッド・エルドレッド内野手が31日、気迫の“流血ヘッド”を見せた。

full-count3

広島ファンから温かい歓声

 広島のブラッド・エルドレッド内野手が31日、気迫の“流血ヘッド”を見せた。

 中日戦(ナゴヤドーム)に「5番・左翼」でスタメン出場。気迫のプレーは、5回無死一塁だ。武藤の高めスライダーに詰まりながらも、パワーで右中間へ。196センチ122キロの巨体を揺らして二塁へ向かった。最後にヘッドスライディングを試みたが、人工芝にスパイクが刺さってアンツーカーに顔面を強打。なんとか手を伸ばして二塁ベースに到達したが、二塁ベース上で鼻血が……。トレーナーが駆けつけたが、しばらく放心状態だった。

 治療のために1度ベンチへ。緒方監督も心配そうに様子を伺ったが、エルドレッドは数分後に走って二塁ベースへ。気迫のヘッドに、広島ファンから温かい歓声と拍手が送られた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング