野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 広島、まさかの大逆転負け ジョンソン好投も継投裏目、5点差守れず

広島、まさかの大逆転負け ジョンソン好投も継投裏目、5点差守れず

広島は31日の中日戦(ナゴヤドーム)で、一時5点リードを奪いながらも、まさかの大逆転負けを喫した。

中日

継投が裏目、7回に7失点で逆転許しカード負け越し

 広島は31日の中日戦(ナゴヤドーム)で、一時5点リードを奪いながらも、まさかの大逆転負けを喫した。

 開幕投手を務めた先発の左腕・ジョンソンが6回4安打無失点。7三振を奪う力投を見せたが、緒方監督が7回から送り出した救援陣が誤算だった。

 2番手・オスカルが先頭の代打・谷の左前安打、大島の三塁内野安打などで1死一、三塁とすると、遠藤に左中間適時二塁打を献上。ここで中田にスイッチしたが、これも誤算だった。ビシエドの死球で1死満塁とすると、平田、藤井の連続押し出し四球で2点。続く高橋には外角直球を逆転の1号満塁弾とされた。

 打者12人で3四死球4安打で一挙7失点。まさかの惨劇に、ベンチの緒方監督も厳しい表情を浮かべた。

 2点ビハインドの8回も2四死球でピンチを招いて2失点。楽勝ムードが一転、5-9と4点差を付けられた。リリーフ陣の崩壊で、中日3連戦はカード負け越し。失意の緒方監督は足早にベンチへ下がった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング