野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 大谷翔平、初勝利ならずも…野手出場から中1日登板に「変わらないですね」

大谷翔平、初勝利ならずも…野手出場から中1日登板に「変わらないですね」

日本ハムの大谷翔平投手が1日のソフトバンク戦(静岡・草薙)で今季2度目の先発。6回5安打1失点で2点リードの場面で降板したが、救援陣が崩れ、今季初勝利とはいかなかった。

20160402_ohtani

2点リードで降板も…悪条件の中での投球に「もうちょっと工夫しないと」

 日本ハムの大谷翔平投手が1日のソフトバンク戦(静岡・草薙)で今季2度目の先発。6回5安打1失点で2点リードの場面で降板したが、救援陣が崩れ、今季初勝利とはいかなかった。

 強風と不慣れなマウンドに苦しみ、立ち上がりからスライダー、フォークの制球に苦しんだ。毎回走者を背負う投球となったが、真っすぐ勝負で再三のピンチを切り抜けた。3点リードの6回無死一、三塁、今宮の遊ゴロ併殺打の間に1失点。プロ入りから続けていた地方球場での連続イニング無失点は「36」で止まった。

 チームは同点の9回2死一、二塁で陽岱鋼がプロ初のサヨナラ打。試合後、大谷は悪条件の中での投球を課題に挙げた。

――投球を振り返って。

「走者を背負っての投球が多かった。最少失点でいけたのは良かったが、全体的には良くない。開幕戦と同じ感じでした。悪いなりにいけたが、球数も多く、中継ぎの人が出ていく展開になってしまった。出来れば、もう1イニングいければベストかなと思います」

――風速10メートルを超える強風、不慣れなマウンドと悪条件だった。

「それは言い訳には出来ません。そこを試合の中でどうやって克服してやっていくか。真っすぐは悪くはなかったですけど、もうちょっと工夫していないと。試合の中で改善できれば、もうちょっと出来たんじゃないかと思います」

――野手出場から中1日での登板だった。昨季はなかったこと。

「変わらないですね。球数も考慮してもらいながら(谷元に)スイッチとなりましたけど、やっぱりベストは完投すること。これからしっかりやっていければと思います」

人気記事ランキング