野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 広島黒田、日本で3226日ぶり完封 巨人を4安打、日米通算200勝へ「5」

広島黒田、日本で3226日ぶり完封 巨人を4安打、日米通算200勝へ「5」

広島の黒田博樹投手が日本で3226日ぶりの完封勝利を飾った。本拠地マツダスタジアムでの巨人戦に先発し、9回4安打、4奪三振1四球とほぼ完璧な投球を披露した。

広島カープ

開幕2連勝で日米通算195勝、120球の力投で2007年6月3日以来の完封

 広島の黒田博樹投手が日本で3226日ぶりの完封勝利を飾った。本拠地マツダスタジアムでの巨人戦に先発し、9回4安打、4奪三振1四球とほぼ完璧な投球を披露。開幕から6勝1敗と好調だった巨人を圧倒し、2007年6月3日の楽天戦以来となる日本での完封勝利を掴んだ。これで日米通算195勝目(NPB116勝、MLB79勝)。120球の力投で、200勝の金字塔へ、あと5勝とした。

 黒田は初回、先頭の長野を空振り三振、立岡には10球粘られたものの中飛に仕留める。2死から坂本に三塁線を破るツーベースを浴びたものの、ギャレットは遊飛に打ちとった。

 2、3回は3者凡退。すると、広島は3回に田中がタイムリーを放ち、先制点を奪った。

 4回、黒田は2死からギャレットにこの日初めての四球を与えるも、クルーズは空振り三振で3アウト。その裏には丸のソロが飛び出し、2点差となった。この回は新井がショートへの内野安打を放ち、通算1981安打とした。

 5~7回は3イニング連続で3者凡退。7回はわずか7球で3人を片付け、完封へ向けて一気にペースが上がる。その裏、黒田が打席に向かうと、続投を喜ぶ地元ファンから大歓声が上がる。

 8回は先頭の堂上に初回以来となるヒットを打たれると、村田に連続ヒットを浴びて無死一、二塁とされる。だが、小林はスリーバント失敗。さらに、代打・片岡をニゴロ併殺打に仕留めて3アウト。ピンチを切り抜けた黒田は、右手で力強くガッツポーズを繰り出した。

 黒田は大歓声の中で9回も続投。無失点に抑え、完封で開幕2連勝を飾った。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング