野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 日ハム栗山監督が田中絶賛 「今日は賢介が全て。賢介サマサマの試合」

日ハム栗山監督が田中絶賛 「今日は賢介が全て。賢介サマサマの試合」

日本ハムの栗山英樹監督が3日、田中賢介内野手を「今日は賢介が全て」と絶賛した。

20160403_tanakakensuke

6回にエンドランでチャンス拡大、「ああいうことがみんな試合で出来るようにならないと」

 日本ハムの栗山英樹監督が3日、田中賢介内野手を「今日は賢介が全て」と絶賛した。

 1点を追う6回無死一塁の第3打席だ。1ボールから一塁走者・西川が二塁へスタート。田中賢は武田の真ん中低め直球を打ち返した。本来なら遊撃正面への打球だったが、逆をつかれた遊撃・今宮の左横を抜け、左翼・中村まで転々。俊足の西川は三塁へ進み、一気に無死一、三塁の逆転機を作った。

「今日は賢介が全てだと思う。(打席前の)準備と、あのエンドラン。賢介サマサマという試合だった。ああいうことがみんな試合で出来るようにならないと。まだまだチームとして課題があるということ」

 会心のエンドランが決まり、次打者は4番・中田。送りバントの安全策でチャンスを広げる作戦もあったが、思い切った攻撃で逆転の流れを呼んだ。栗山監督の絶賛は続く。

「セオリーがあると思うが、今の野球はセオリーがない。セオリーをぶち破って、相手が考えないようなプレーをしないといけない。賢介は、そういうことが出来る選手」

 決死の“ゲッツー潰し”も試合の分岐点となった。続く中田の打球は三塁・松田の正面へ。田中賢は併殺をつぶそうと、両足を投げ出して二塁へスライディングした。

人気記事ランキング