野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日ハム吉川が大炎上 4回途中8失点で降板

日本ハムの吉川光夫投手が5日の西武戦(西武プリンスドーム)に先発。4回途中9安打8失点と大炎上した。

日本ハム

4回に悪夢の8失点

 日本ハムの吉川光夫投手が5日の西武戦(西武プリンスドーム)に先発。4回途中9安打8失点と大炎上した。

 初回は3者凡退と好スタート。2、3回も走者を背負いながらも無失点に抑えていた。一気に崩れたのは4回だ。中村、メヒアの連打などで2死一、三塁とされ、炭谷の右翼線エンタイトル二塁打で先制点を献上した。

 悪い流れは続く。同二、三塁から坂田の左中間2点二塁打。外崎の右前安打、秋山の四球で満塁とすると、金子侑の押し出し四球で1点。さらに、浅村には左越え1号満塁弾を浴びた。左腕は中村に右越え三塁打を浴びたところで降板。この回だけで7安打8失点した。

 栗山監督から有原と共に先発投手の軸と期待される左腕。まさかの背信投球となった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中