野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ニュース
  • 2年連続開幕投手の田中将大、今年も勝てず…6回途中2失点、痛恨同点被弾

2年連続開幕投手の田中将大、今年も勝てず…6回途中2失点、痛恨同点被弾

ヤンキースの田中将大投手が5日(日本時間6日)、本拠地ヤンキースタジアムでのアストロズ戦で今季初先発した。2年連続で開幕投手の大役を任されたが、5回2/3を投げて4安打2失点1四球4三振で降板し、勝敗はつかず。1点リードの6回に同点ソロを浴びて交代を告げられ、今年も勝利投手にはなれなかった。

昨年に続いて大役も、5回2/3を4安打2失点で降板し勝敗つかず

 ヤンキースの田中将大投手が5日(日本時間6日)、本拠地ヤンキースタジアムでのアストロズ戦で今季初先発した。2年連続で開幕投手の大役を任されたが、5回2/3を投げて4安打2失点1四球4三振で降板し、勝敗はつかず。1点リードの6回に同点ソロを浴びて交代を告げられ、今年も勝利投手にはなれなかった。

 日本人投手としては、野茂英雄、松坂大輔、黒田博樹に続いて史上4人目となる開幕投手。2年連続は野茂以来(ドジャース、03~04年)2人目の快挙となった。

 試合開始時の気温2度と冷え込む中、田中は初回、先頭のアルテューべを遊ゴロ、スプリンガーを中飛、コレアを空振り三振と3者凡退。2回はスプリットを効果的に使い、ラスマスを遊ゴロ、ゴメスを空振り三振、バルブエナを一ゴロと好投と続ける。

 すると、打線が援護。その裏の攻撃で2死二、三塁とチャンスを作ると、新加入のカストロが移籍初打席でレフト線へタイムリーツーベース。2点を先制した。

 田中は3回も3者凡退の好投。しかし、4回に制球が乱れ、ピンチを招く。アルテューべはレフトライナーに打ちとったかに見えたが、ヒックスが目測を誤り、頭上を越されて二塁打に。初ヒットを許すと、スプリンガーはボテボテのゴロで三塁内野安打。不運な当たりが続き、無死一、三塁とされた。

 続くコレアの痛烈な三ゴロはヘドリーが好捕も、1アウトしか取れずに三塁走者が生還。1点差とされる。その後、コレアに二盗を許したものの、ラスマスはニゴロ、ゴメスは外角いっぱいに決まる速球で見逃し三振に仕留めた。

 5回は1死からタッカーにライトへの二塁打を浴びたが、ゴンザレスをスプリットで空振り三振、カストロもスプリットで投ゴロに打ち取り、ピンチを切り抜けた。

 6回、田中は簡単に2アウトを奪う。しかし、3番コレアに1ボールから外角を狙ったスプリットが真ん中付近に入り、ライトスタンドへ運ばれる。痛恨の同点ソロを浴びた。

 田中は続くラスマスに四球を与えたところで降板。87球でマウンドを降り、敗戦投手となった昨年に続いて、今年も開幕戦での白星はならなかった。87球でストライクは51球。田中は楽天時代の2012年にも開幕投手を務めているが、3度目での自身開幕戦初勝利とはならなかった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中