野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • コラム
  • 課題と収穫が交差した開幕戦 現地で田中将大の投球はどう評価された?

課題と収穫が交差した開幕戦 現地で田中将大の投球はどう評価された?

4月5日のヤンキース-アストロズ戦。日本人としては2003、04年の野茂英雄以来となる2年連続開幕投手を務めたヤンキースの田中将大投手は、5回2/3を2失点で降板し、勝敗は付かなかった。

20160406_tanaka

2年連続の開幕投手で試合作った田中、NY地元紙は「一球のミス」にフォーカス

 4月5日のヤンキース-アストロズ戦。日本人としては2003、04年の野茂英雄以来となる2年連続開幕投手を務めたヤンキースの田中将大投手は、5回2/3を2失点で降板し、勝敗は付かなかった。

 チームを勝利に導くことはできなかったが、少なくとも試合を作って勝つチャンスを与える投球を見せた。ただ、3回までパーフェクト投球という完璧な滑り出しだっただけに、6回2死からアストロズのコレアに浴びた同点ソロが余計な失点だった。

 登板翌日のニューヨーク・ポスト紙は「堅実な登板だったが、一つの懸念事項によって台無しになった」との見出しで「一球のミス」にフォーカス。「田中の投球は向上したが、被本塁打の問題を解決できていない」と続けている。

 田中は昨季154回を投げ、25本塁打を許した。1年目から被弾が10本も増えたことで、米メディアは問題視。田中も5日の登板後、米メディアに「ホームランの数を減らすことは大事なこと」と今季クリアすべき課題に挙げている。ただ、その他の米メディアは田中の登板についてそこまで大きく触れておらず、それだけ評価しづらい内容だったと言える。

人気記事ランキング