野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 巨人平良、福留から“プロの洗礼” 初安打のはずがライトゴロ…直後に被弾

巨人平良、福留から“プロの洗礼” 初安打のはずがライトゴロ…直後に被弾

巨人の平良拳太郎投手が7日、本拠地・東京ドームでの阪神戦でプロ初登板を果たし、初打席でライトゴロに倒れた。

東京ドーム

メッセンジャーからライト前に運ぶも…福留の送球でアウト、巨人ベンチ爆笑

 巨人の平良拳太郎投手が7日、本拠地・東京ドームでの阪神戦でプロ初登板を果たし、初打席でライトゴロに倒れた。

 最初の3イニングで打者10人を1安打4奪三振と好投と初マウンドで上々の立ち上がりとなっ
た平良。しかし、プロ初打席でまさかの“珍プレー”が生まれた。

 3回、先頭で打席に立つと、1ボール2ストライクから相手先発メッセンジャーの146キロの
直球を捉えた。ライナー性の打球で右前に運ぶ鮮やかなプロ初ヒット…と思いきや、猛チ
ャージした福留が打球をとり、一塁へ矢のような送球。平良は一塁の遥か手前でアウトとな
った。

 プロ初打席初ヒットのはずが、まさかのライトゴロに。巨人ベンチは爆笑に包まれ、高橋由伸新監督も笑いをこらえきれなかった。
 
 その直後の4回、平良は1死から福留にライトスタンドへの先制ソロを浴びてプロ初失点。
ベテラン野手に守備と打撃でプロの“洗礼“を浴びた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング