野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 阪神が今季初2桁得点で巨人に勝ち越し メッセ初勝利、福留が先制2ラン

阪神が今季初2桁得点で巨人に勝ち越し メッセ初勝利、福留が先制2ラン

阪神は7日、敵地での巨人戦に10-1で快勝。「伝統の一戦」第3ラウンドを制し、勝ち越しを決めた。先発メッセンジャーが8回7安打1失点と好投し、今季初勝利。打線は福留の2ランやゴメス、岡崎のタイムリーなどで5回までに9点を奪い、試合を決めた。

巨人

メッセは8回1失点の好投、巨人は今季4カード目で初の負け越し

 阪神は7日、敵地での巨人戦に10-1で快勝。「伝統の一戦」第3ラウンドを制し、勝ち越しを決めた。先発メッセンジャーが8回7安打1失点と好投し、今季初勝利。打線は福留の2ランやゴメス、岡崎のタイムリーなどで5回までに9点を奪い、試合を決めた。巨人はプロ初登板の先発・平良が3回まで好投も、4回につかまり黒星。打線も沈黙し、開幕4カード目で初の負け越しとなった。

 3回まではメッセンジャー、平良が好投。試合が動いたのは4回だ。前のイニングのプロ初打席で右前に打球を運びながら、福留に刺されてライトゴロに倒れていた平良が崩れる。阪神打線は1死からヘイグが四球。すると、続く福留は1ボールからカットボールを捉え、ライトスタンドに運んだ。

 さらに2四球と1安打で2死満塁とし、メッセンジャーがライト前へタイムリー。4-0として平良をノックアウトした。

 続く5回は2番手土田を攻め、無死満塁からゴメスのタイムリーで5点目。鳥谷の犠飛で1点を追加すると、西岡の四球で再び満塁として、岡崎がレフトへ2点タイムリーツーベースを放った。土田の暴投でさらに1点を加え、9-0と一気に試合を決めた。

 メッセンジャーは6回にクルーズにタイムリーを浴びるも、7、8回と再びギアを上げて無失点。9回に江越がマシソンからソロを放ち今季初の2桁得点とすると、その裏は高宮が抑えて阪神が勝利した。メッセンジャーは今季3戦目で初勝利を挙げ、チームを巨人との3連戦勝ち越しに導いた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング