野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 青木宣親が3戦連続安打、李大浩はメジャー初安打初本塁打 マ軍は惜敗

青木宣親が3戦連続安打、李大浩はメジャー初安打初本塁打 マ軍は惜敗

マリナーズに所属する青木宣親外野手は8日(日本時間9日)、本拠地アスレチックス戦に「1番・左翼」でスタメン出場し、3試合連続ヒットをマークした。

李大浩はバックスクリーン左へ一発

 マリナーズに所属する青木宣親外野手は8日(日本時間9日)、本拠地アスレチックス戦に「1番・左翼」でスタメン出場し、3試合連続ヒットをマークした。また、李大浩内野手も「8番・一塁」で出場し、メジャー1号本塁打を放った。試合はアスレチックスに2-3で敗れ、3連勝はならなかった。

 青木は初回の第1打席で相手二塁のエラーで出塁。3回先頭の第2打席はセンターライナーに倒れたものの、1点を追う5回無死一塁の場面ではセンターへヒットを放ち、一、三塁とチャンスを広げた。直後、マルテの犠牲フライで同点に。7回2死走者なしの第4打席では投ゴロに倒れ、この日は4打数1安打だった。

 一方、ここまで出場2試合で3打数無安打だった李大浩は2回の第1打席で三振に倒れたものの、5回先頭で迎えた第2打席でバックスクリーン左へソロ弾を放ち、初安打が初本塁打となった。7回の第3打席はセンターフライ。9回2死では代打を送られ、3打数1安打1打点だった。

 マリナーズは2-2の同点で迎えた9回にコグランに勝ち越し弾を浴びて敗れた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中