野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 青木宣親、2打席連続チャレンジも“1勝1敗”で4打数1安打 マ軍は完敗

青木宣親、2打席連続チャレンジも“1勝1敗”で4打数1安打 マ軍は完敗

マリナーズの青木宣親外野手は9日(日本時間11日)、本拠地でのアスレチックス戦に「1番・レフト」で先発出場し、4打数1安打だった。試合はマリナーズが1-6で敗れている。

1打席目は遊ゴロ→ヒット、2打席目はヒット→一ゴロ

 マリナーズの青木宣親外野手は9日(日本時間11日)、本拠地でのアスレチックス戦に「1番・レフト」で先発出場し、4打数1安打だった。試合はマリナーズが1-6で敗れている。

 青木は2点を追う初回、カウント2-2から相手左腕ヒルの外角への直球を三遊間に転がした。遊撃のセミエンが打球を掴み、一塁へ送球。際どいタイミングで判定はアウトとなったが、マリナーズベンチはチャレンジを要求。ビデオ判定の結果、青木が送球よりも一塁ベースを早く駆け抜けていたとして、セーフへと覆った。内野安打で初回から出塁。しかし、後続が倒れて得点にはつながらなかった。

 さらに、1点差となった3回も青木は先頭で打席へ。今度は1ボール2ストライクから一塁へ打球を転がした。一塁手のアロンソが打球を処理し、一塁ベースへ頭から滑りこむようにしてグラブでタッチ。青木がベースを早く駆け抜けたとしてセーフと判定された。だが、今度はアスレチックスベンチがチャレンジを要求し、ビデオ判定の結果アウトとなった。

 青木は第3打席は空振り三振、第4打席は三ゴロで4打数1安打。打率は.278となった。マリナーズは1-6で敗れて2連敗。「8番・ファースト」で先発した李大浩内野手は1打数無安打1死球。相手ピッチャーが右腕に代わった7回の第3打席で代打を送られた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中