野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス打のヒーロー今宮、3年ぶり4打点 藤井コーチも称賛「2番が機能」

10日のオリックス戦。7回無失点の好投を見せ、今季2勝目を挙げたソフトバンク武田翔太は、お立ち台で「熊本で試合があるのは年に一回。絶対に勝ちたいという気持ちで投げた。投げている間も『がんばれ』という声援をもらって、とても力になりました」と、熊本のファンにアピールした。

2勝目の武田「次につながるピッチング」、今宮「最低限、最高の仕事」

 10日のオリックス戦。7回無失点の好投を見せ、今季2勝目を挙げたソフトバンク武田翔太は、お立ち台で「熊本で試合があるのは年に一回。絶対に勝ちたいという気持ちで投げた。投げている間も『がんばれ』という声援をもらって、とても力になりました」と、熊本のファンにアピールした。

 球場を後にする際には「もうちょっとバランスを崩さないように投げたかったのですが、今日は高谷さんの配球が良かったし、次につながるピッチングはできたと思います」と語った。また、初回から毎回走者を出す形となったが「塁に出してからのコースの攻め方は意識してやった」と、自分なりに収穫を感じた様子だった。

 一方、打のヒーローとしてお立ち台に上がったのは、2本の犠飛と2点適時打で3年ぶりの1試合4打点をマークした今宮健太。

「(点を)取れるときにしっかりと取っておきたかった。チャンスでは最低限、最高の仕事ができるようにと考えている。今は、いい間とタイミングでやれている。これからもしっかりと土台を作れるようにがんばりたい」

 藤井康雄打撃コーチも「健太の2番が機能している。犠飛2つはなかなかないこと」と健闘を讃えた。

【了】

藤浦一都●文 text by Kazuto Fujiura

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中