野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

広島、緒方監督就任後初の首位浮上 野村が快投「これを止めないように」

広島は12日、呉で行われた中日戦に3-1で勝利した。先発の野村祐輔が7回1失点の好投で2勝目。首位の巨人が敗れたため、チームは緒方監督就任以降、初の首位タイに浮上した。

広島カープ

巨人敗れて首位タイに、緒方監督も納得「打線の援護が祐輔を勇気づけた」

 広島は12日、呉で行われた中日戦に3-1で勝利した。先発の野村祐輔が7回1失点の好投で2勝目。首位の巨人が敗れたため、チームは緒方監督就任以降、初の首位タイに浮上した。

 立ち上がりは最悪だった。先頭の大島にストレートの四球を与え、そこから3連打で早々と1点を失った。しかし、そこから「1点を取られた後、気持ちをリセットして、もう一度プレーボールという気持ちで投げられた」と本人が振り返ったように、5番のナニータを三振に仕留めると、藤井を併殺打に打ち取り、最小失点でとどめた。

 直後の味方の逆転劇も、立ち直りの要因となった。緒方監督は「打線の援護が祐輔を勇気づけたね」と打線を評価。2回以降、7回まで打たれた安打は2本のみ。5回から7回は、1人も走者を許さないパーフェクト投球だった。

「低目に集めることができた。真っ直ぐも良かったし、いろいろなボールが使えたと思う」と自らの投球を振り返った野村。チームの首位浮上については「嬉しいですね。連勝が続いているので、これを止めないようにしたい」と冷静な口調で話した。

 自身については、ここまでの2試合でいずれも6回までで降板していたこともあり、「やっと7回までしっかり投げられて、仕事ができたと思う。これからもこんな投球を続けていきたい」と、先発の責任を果たしたことに安堵した様子だった。

【了】

大久保泰伸●文 text by Yasunobu Okubo

座ってできる体幹トレーニング コアトレチェア

人気記事ランキング