野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ニュース
  • 前田健太、6回零封&12イニング連続無失点も2勝目お預け ド軍痛恨逆転負け

前田健太、6回零封&12イニング連続無失点も2勝目お預け ド軍痛恨逆転負け

ドジャースの前田健太投手が12日(日本時間13日)、本拠地ドジャースタジアムで行われたダイヤモンドバックス戦でメジャー2試合目の登板に臨み、6回無失点と力投を見せたが、2勝目はならなかった。降板後に救援陣が相次いで失点。この日は本拠地開幕戦となったが、ドジャースは2-4と痛恨の逆転負けで2連敗となった。

20160413_maeda

ドジャースは本拠地開幕戦黒星で2連敗

 ドジャースの前田健太投手が12日(日本時間13日)、本拠地ドジャースタジアムで行われたダイヤモンドバックス戦でメジャー2試合目の登板に臨み、6回無失点と力投を見せたが、2勝目はならなかった。降板後に救援陣が相次いで失点。この日は本拠地開幕戦となったが、ドジャースは2-4と痛恨の逆転負けで2連敗となった。

 前日12日に28歳の誕生日を迎えた前田は大歓声の中、本拠地のマウンドに上がった。日本人投手のドジャース本拠地開幕戦登板は野茂英雄氏に続き2人目。その記念すべきマウンドで右腕は粘り強い投球を見せた。

 初回は先頭のセグラにいきなり死球。しかし続くブリトーを右飛に打ち取ると、ゴールドシュミットを空振り三振に仕留める。4番ペラルタの打席では2-2から暴投で走者が二塁へ。それでもペラルタを一ゴロに打ち取る。

 2回は大きなピンチに直面。5番カスティーヨにセンター前に弾き返され、初安打を許すと、ラムには右中間を破られる二塁打を浴びて無死二、三塁に。しかし、続くトーマスを空振り三振に仕留めると、コービンを三ゴロ、アーメドを遊ゴロに打ち取って点を与えない。

 するとその裏、ドジャース打線はケンドリック、トンプソンの連打などで1死一、三塁とするとエリスのスクイズで1点を先制。なおも2死二塁の好機で打席には前田。しかしここはライトライナーに倒れた。

 前田は3回を3者凡退に仕留めると、4回は四球とエラーで2死一、二塁としたが、コービンを三ゴロに打ち取る。5回も無失点に抑えると、6回には2死一塁からラムに右翼線を破られたが、守備陣が本塁を狙った走者を絶妙な中継プレーでアウトに。前田も大きなガッツポーズを作った。

 6回で95球を投じた前田は2勝目の権利を持って降板。5安打4奪三振無失点の力投で、メジャーデビューから12イニング連続無失点となった。

 しかし直後の7回、2番手のバイエズがアーメドに左翼席へ同点弾を被弾し、前田の白星が消滅。さらに8回には3番手のハッチャーもゴールドシュミットに勝ち越し弾を浴び、9回もL・コールマンが2失点を喫した。その後1点を返したものの、救援陣が崩れたドジャースは本拠地開幕戦を勝利で飾れなかった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング