野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 日ハム大谷の積極走塁に栗山監督も唸る 「翔平らしい。センスがある」

日ハム大谷の積極走塁に栗山監督も唸る 「翔平らしい。センスがある」

日本ハムの大谷翔平投手が12日、栗山英樹監督を唸らせるアグレッシブな走塁を見せた。

201603029_ohtani

相手ミス逃さず一気に二塁へ、本人は「普通にファンブルしていたので」と淡々も…

 日本ハムの大谷翔平投手が12日、栗山英樹監督を唸らせるアグレッシブな走塁を見せた。

 オリックス戦(京セラドーム大阪)に「6番・DH」でスタメン出場。見せ場は、2回1死でディクソンから左前安打を打った時に訪れた。

 ライナー性の打球を左翼・吉田正がファンブル。一塁ベースを蹴ったところで1度スピードを緩めたが、打球処理が遅れているのを確認すると再加速した。最後は二塁ベースへ勢いよく滑り込む。記録は左前安打と吉田正のエラーとなった。

「普通にファンブルしていたので」と淡々と振り返った大谷。それでも、栗山監督の反応は違った。

「あの辺は翔平らしいよね。(野手の動きを)よく見ているし、あの辺で足がポッと前に出るセンスがあるよね」

人気記事ランキング