野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 巨人・菅野が鬼門突破へ自らタイムリー リード広げる

巨人・菅野が鬼門突破へ自らタイムリー リード広げる

巨人の先発・菅野智之投手が13日のヤクルト戦(神宮)の4回1アウト三塁の打席で、センター前へタイムリーを放った。

full-count18

入団以降、神宮で未勝利の菅野

 巨人の先発・菅野智之投手が13日のヤクルト戦(神宮)の4回1アウト三塁の打席で、センター前へタイムリーを放った。

 2点リードで迎えた4回。先頭の村田が右翼線に落ちる二塁打を放って出塁すると、8番の小林誠が送りバントを決め、一、三塁。ここで菅野はヤクルト先発の館山の外の変化球にバットを合わせてセンターへ運び、3-0とリードを広げた。一塁ベースに到達すると三塁ベンチへ向けてガッツポーズを見せた。

 菅野は入団1年目の2013年4月の神宮球場初登板からこれまでシーズンで6試合、同球場で先発しているが0勝4敗と1度も勝利がない。昨年はポストシーズンを含めて、ヤクルト戦は5戦全敗。合計で7登板0勝5敗と鬼門となっている。投げる方でもヤクルト打線を抑えており、長いトンネルを脱出を目指している。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング