野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オリックス、不名誉記録ストップ&小田サヨナラ打で連敗も5で止める

オリックスが13日の日本ハム戦(京セラドーム大阪)で4-3で今季初のサヨナラ勝ち。開幕からの本塁打なしを13試合で止め、チームの連敗も5で止めた。

オリックス

糸井が14戦目で待望のチーム1号、今季4勝目で日本ハムと1・5差

 オリックスが13日の日本ハム戦(京セラドーム大阪)で4-3で今季初のサヨナラ勝ち。開幕からの本塁打なしを13試合で止め、チームの連敗も5で止めた。

 主砲・糸井が不名誉な記録にストップをかけた。1点を追う5回2死一、二塁。中村の高めのカーブをライナーで右翼席へ飛ばした。開幕14試合目で生まれた待望のチーム1号は逆転3ラン。チームの連続イニング無失点も「28」で止める一撃に、本拠地のオリックスファンが沸きに沸いた。

 先発・東明は6回7安打1失点。3回以外毎回のように走者を置く苦しい投球だったが、失点を5回の中島のタイムリーのみに抑えた。8回に佐藤達が中田の同点2ランを浴び試合は延長戦へ。小田が延長10回2死三塁から右翼フェンス直撃のサヨナラ打を放った。

 試合前には酒井勉投手コーチとブルペン担当の小林宏投手コーチを配置転換。会心の逆転勝ちに、硬く苦しい表情が続いた福良監督も少しだけ緩んだ。借金6で5位・日本ハムと1・5ゲーム差。苦しい戦いは続くが、今季4勝目を浮上のきっかけとしたいところだ。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング