野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日本ハム栗山監督、敗戦コメントの裏側 「野球には答えがないから」

日本ハムの栗山英樹監督が、敗戦時に口にする「オレが悪い」と話す理由を明かした。

20160222_kuriyama

指揮官はなぜ「オレが悪い」と言い続けるのか

 日本ハムの栗山英樹監督が、敗戦時に口にする「オレが悪い」と話す理由を明かした。

 プロ野球監督の中には選手を鼓舞するために名指しで批判する指揮官もいるが、栗山監督は一貫して責めるようなことはせず、自身が敗戦の責任をかぶる。そのワケは何なのか。

「野球には答えがないから。オレがすべて正しいんだと思って野球をやってない。『間違っている。もっといい方法はないのか』と思ってやっている。結果が出なかった時に『オレが悪い』というのは、そういうことからきている」

 盗塁、エンドランの思い切った作戦が奏功する時もあれば、バントのように1アウトを犠牲にしてチャンスを広げる作戦もある。

「バントだったり、こちらが動くことで相手が楽になることがある。バントをさせながらも、『違う作戦が良かったかな』と思うこともある。(オレが悪いというのは)打順の組み方もそうだし、サインの出し方も。試合の中ではいろんなことがあるから」

人気記事ランキング