野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 台湾出身の楽天育成右腕が存在感 「日本で成長しようとする気持ち」も評価

台湾出身の楽天育成右腕が存在感 「日本で成長しようとする気持ち」も評価

楽天のソン・チャーホウ投手が13日、イースタン・ヤクルト戦に先発。6回を投げ、2安打無失点と好投を見せた。

「背番号変えたい」―2軍戦で好投したソン・チャーホウ

 楽天のソン・チャーホウ投手が13日、イースタン・ヤクルト戦に先発。6回を投げ、2安打無失点と好投を見せた。

 ルーキーのオコエが初の「親子ゲーム」とあって注目を集めた試合。先発した育成選手のソンが存在感を見せた。初回、先頭の山崎にショート内野安打を許し、四球も与えて2死一、三塁とピンチを背負ったものの、セカンドゴロで切り抜けた。

 2回から4回までは三者凡退と圧巻の投球。5回に2死から四球を出し、6回には2死からセカンド後方に上がった打球を二塁・中川が落球(記録はヒット)して走者を出したが、後続を抑えた。

「(バッテリーを組んだ)川本さんのリードが素晴らしいので自分の仕事をするだけだった」とソン。テンポよく投げられたことをプラスに捉えながらも「ボール球が多かったので次も頑張ります」と反省も忘れなかった。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中