野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 阪神・江越が先輩の意地「やったりました」 横田も躍動、首位タイに浮上

阪神・江越が先輩の意地「やったりました」 横田も躍動、首位タイに浮上

阪神・江越大賀が駒大の後輩・今永から決勝タイムリーを放ち、チームを首位タイに浮上させた。先輩の貫禄を見せつけ、お立ち台に上がると「やったりました!」と胸を張った。

DeNA今永から決勝タイムリー放ち「やったりました」

 阪神・江越大賀が駒大の後輩・今永から決勝タイムリーを放ち、チームを首位タイに浮上させた。先輩の貫禄を見せつけ、お立ち台に上がると「やったりました!」と胸を張った。

 14日のDeNA戦。1-1の6回1死一、三塁。「前の打席で高めのボール球に手を出していた。あの投手はそこが武器。それを捨てて打席に入った」。追い込まれながらも外角直球を狙い打ち。強振した打球は右翼フェンスを直撃するタイムリー二塁打となった。

 駒大時代はセンターからエース・今永の投球を「真っすぐに自信を持って投げている。後ろから見て『すげぇな』と思っていた」と、後輩を見守っていた。それでも1年早くにプロ入りした江越には意地があった。「追い込まれていたので何とか食らいついていった」と勝利を決める価値ある一打を振り返っていた。

 この日は4回に開幕から4番に座っていた福留が左裏太ももを痛め途中交代。それでも代わりに入った横田が江越のタイムリーの後の1死二、三塁から左前適時打を放つなど若い力が躍動しチームを救った。

 DeNAを5-2で下して2連勝となった金本監督も「一番頼りになるバッターが外れて動揺したが江越、横田と若い2人がタイムリーを打ってくれた。チーム全体を含めた勝利だったんじゃないかな」と目を細めていた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中