野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 広島ジョンソン、ワースト4失策のルナを擁護「バウンドがおかしかった」

広島ジョンソン、ワースト4失策のルナを擁護「バウンドがおかしかった」

14日にマツダスタジアムで行われた中日戦で、広島のジョンソンが7回1失点(自責0)の好投で2勝目(1敗)を挙げた。今季初の中6日登板から、さらに前日の雨でスライド登板となったが、試合後の左腕は「全く関係ない」と涼しい顔だった。

2年目のジンクスと無縁? ジョンソン好投で2勝目、ルナへも「気にするな」

 14日にマツダスタジアムで行われた中日戦で、広島のジョンソンが7回1失点(自責0)の好投で2勝目(1敗)を挙げた。今季初の中6日登板から、さらに前日の雨でスライド登板となったが、試合後の左腕は「全く関係ない」と涼しい顔だった。

 初回の先頭打者から高いバウンドの内野安打で出塁を許したが、2、3番を連続三振に打ち取るなど、上々の立ち上がりを見せた。「ポテンヒットなどもあり、立ち上がりからバタバタしかけたが、何とかしのぐことができた」というジョンソンだったが、3回に1死から連打とルナの失策で満塁のピンチを作り、内野ゴロの間に先制を許した。

 それでも緒方監督が「失点のあとすぐに2点。あれはジョンソンにとって大きかった」という丸の2ランで逆転し、その後は7回までヒットは内野安打2本のみに抑えた。

 この日は三塁のルナがリーグワースト記録となる1試合4失策と足を引っ張ったが、「マウンドから見ていてもバウンドがおかしかった。三塁手として難しいプレーだったと思う。気にするなと言っておいたよ」と、冷静さを失うことはなかった。

 開幕時に比べて制球力が上がっていることを指摘されると、「試合前のキャッチボールなどで、畝コーチとも話し合って、試合でも調整できている」と、自身でも手応えをつかんでいる様子。緒方監督は「エラーなどもあって、球数が増えて7回までだったけど、全く問題ない」と評価した。昨季防御率1位の助っ人左腕に、2年目のジンクスはなさそうだ。

【了】

大久保泰伸●文 text by Yasunobu Okubo

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中