野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 巨人、“首位攻防戦”2連勝で首位キープ 8回に代走鈴木が盗塁→村田決勝打

巨人、“首位攻防戦”2連勝で首位キープ 8回に代走鈴木が盗塁→村田決勝打

巨人は17日、広島との“首位攻防戦”第2ラウンドも制し、首位をキープした。同点の8回に代走の鈴木が二盗を決め、その後、村田が値千金の決勝打を放ち、2-1で勝利。広島との2連戦で2連勝を飾った。  

巨人

広島に2連勝、同点の8回に勝ち越し

 巨人は17日、広島との“首位攻防戦”第2ラウンドも制し、首位をキープした。同点の8回に代走の鈴木が二盗を決め、その後、村田が値千金の決勝打を放ち、2-1で勝利。広島との2連戦で2連勝を飾った。
 
 先制したのは巨人。3回、先頭で打席に立った片岡が、広島の先発・福井のフォークを捉える。打球は左中間スタンドにギリギリで飛び込み、先制ソロとなった。

 一方、先発の今村は3回までノーヒットの快投。4回は先頭の菊池に初安打を許したものの、1死からエルドレッドを三ゴロ併殺打に仕留めて3アウト。5回も2死から會澤に四球を与えながら、続く堂林を二ゴロに打ちとった。

 しかし、広島は6回に同点に追いつく。前の打席でヒットを打っていた菊池が、バックスクリーンにソロを叩き込み、1失点に抑えていた福井を援護。続く丸にも内野安打を許したところで今村は降板となり、今季初勝利はならなかった。

 巨人は2番手田原が後続を断って勝ち越しを許さない。その後、マシソンが2回を無失点に抑えた。

 広島は福井が7回まで1失点で投げきると、8回にジャクソンが登板。すると、巨人は先頭のクルーズがレフト前ヒットで出塁。代走に鈴木が送られる。続く亀井の打席で、鈴木は見事に二盗に成功。亀井のニゴロで三塁へと進んだ。ここで村田が初球の直球をセンター前に運び、貴重な1点をもぎ取って勝ち越した。

 9回は沢村が抑えて巨人が勝利。接戦を制し、首位攻防戦2連勝を飾った。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング