野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

今季初先発の阪神・大和 積極的走塁で得点演出

阪神の大和が19日のヤクルト戦(甲子園)で今季初スタメンを果たした。「2番・中堅」で出場すると初回の第1打席でセンター前安打で得点につなげ、第2打席となった3回先頭では右翼線二塁打を放ち、2打数2安打の活躍を見せている。

20160212_阪神

3回まで2打数2安打

 阪神の大和が19日のヤクルト戦(甲子園)で今季初スタメンを果たした。「2番・中堅」で出場すると初回の第1打席でセンター前安打で得点につなげ、第2打席となった3回先頭では右翼線二塁打を放ち、2打数2安打の活躍を見せている。

 打撃よりも大きいプレーだったのが走塁。2-3の1点ビハインドの中、二塁打で出塁した後、3番・江越のセンターフライでタッチアップ。決して深い飛球ではなかったが、ヤクルトのセンター・坂口の捕球態勢が一瞬、崩れ、すぐに送球できない動きと見ると、すがさず俊足を生かして進塁。犠牲フライで1点というシチュエーションを作った。

 すると、1死三塁から4番のゴメスがレフトへ犠牲フライを放ち、同点の3点目をマーク。大和がホームを踏んだ。負傷でスタメン落ちした福留の穴をここまではしっかりと埋めている。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング