野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 責任感、被災地へのエール 楽天・嶋、「思い」込めたキャプテンの一打

責任感、被災地へのエール 楽天・嶋、「思い」込めたキャプテンの一打

キャプテンが、長いトンネルを抜け出す一撃を放った。楽天・嶋選手が延長12回2死一、二塁から、左翼へサヨナラタイムリーを放ってオリックスを下した。

震災に苦しむ人たちに「温かい気持ちを送って」

 キャプテンが、長いトンネルを抜け出す一撃を放った。楽天・嶋選手が延長12回2死一、二塁から、左翼へサヨナラタイムリーを放ってオリックスを下した。3ボール1ストライクから思い切りよく振りぬくと、左翼手の頭上を越えた。

 負ければ最下位に転落していた一戦。泥沼の6連敗だったチームを救った。お立ち台では笑顔は控えめ。「その前に6連敗してるので、まだ借金しています。明日も勝って、借金を返済したいと思います」と言葉に力を込めた。

 苦しい展開を幾度となく救った。糸井の2ランなどで3点を追う状況。だがこの日は5回に聖澤、銀次が適時打を放って1点差とすると、6回、嶋が左中間へ今季第1号となる本塁打で同点とした。本塁打の直後は「とにかく勝ちたい。それだけです」と主将としての責任感を口にした。その後、同点のまま延長戦に突入。金刃、青山、横山、松井裕、福山、濱矢と投手陣の無失点リレーを引っ張り、4時間37分の熱戦を制した。

 本塁打、そしてサヨナラ安打はともに左翼方向。これまでは右打ちが代名詞の男だったが、今季から左方向への長打を増やすことを目指している。5試合無安打と湿りがちだったバットだが、この日の2長打で復調を予感させた。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中