野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 日本ハム西川が“雄星撃ち” タイムリー三塁打「いいバッティングできた」

日本ハム西川が“雄星撃ち” タイムリー三塁打「いいバッティングできた」

日本ハムの西川遥輝内野手が、21日の西武戦(札幌ドーム)で“雄星撃ち”に成功した。

full-count18

2回に適時三塁打

 日本ハムの西川遥輝内野手が、21日の西武戦(札幌ドーム)で“雄星撃ち”に成功した。

 1点リードの2回2死一塁。左腕・菊池の高めに浮いた144キロ直球に反応。中堅後方への飛球。懸命に追いかけた秋山の頭上を超える適時三塁打となった。

 西川は「いいバッティングが出来ました。(一塁走者の大野)奨太さんもよく走ってくれたので、いい追加点になりました。まだまだこれからです」とコメントした。

 3試合ぶりの打点。今季2本目の三塁打で、リードを2点に広げた。来日未勝利のバースを強力援護した。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング