野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 阪神打線が猛攻 鳥谷は5回までに6打点、今季1号は「思い切って打ちに」

阪神打線が猛攻 鳥谷は5回までに6打点、今季1号は「思い切って打ちに」

阪神打線が序盤から猛攻を見せた。22日の敵地広島戦。初回に先頭・高山の投手内野安打で出塁すると、続く大和が強烈な中越え二塁打で先制に成功した。

20160319_阪神

初回には大和が先制打、「最近強くスイングすることを心掛けている」

 阪神打線が序盤から猛攻を見せた。22日の敵地広島戦。初回に先頭・高山の投手内野安打で出塁すると、続く大和が強烈な中越え二塁打で先制に成功した。

 3試合連続安打と好調な大和は「打ったのはスライダー。後ろにつないでチャンスを広げようという意識でした。最近強くスイングすることを心掛けていて、それがいい結果につながっているんだと思います」。試合開始からわずか5球で奪った先制点に笑顔を見せた。

 その後、無死二塁から江越が左前タイムリー。さらに1死一、三塁からは鳥谷が左犠飛を放ち、初回に3点を奪った。

 だが、その裏にメッセンジャーが4点を失い逆転される。それでも2回。2死満塁から横山のワイルドピッチで同点に追いつくと、鳥谷が右翼席へ今季1号となる勝ち越し3ランを放ち「打ったのはストレート。カウント3-1と打者有利の状況だったので、思い切って打ちにいけました。しっかりと、とらえられました」と口にした。開幕から打率1割台と不調が続いていた主将の一発に阪神ベンチは大盛り上がりだった。

 さらに打線は止まらない。3回。1死から高山が早くもこの日、猛打賞となる左中間三塁打を放つ。一、三塁となりゴメスが左前適時打、続く鳥谷も左前タイムリーで2点を追加。3回までに12安打9得点と打線が大爆発した。

 その後、5回には鳥谷の犠飛、今成のタイムリーで2点を追加。鳥谷は6打点の活躍で、5回までに11点を奪った。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング