野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 西武、守乱で逆転負け…9回に痛恨の2連続エラーで勝ち越し許す

西武、守乱で逆転負け…9回に痛恨の2連続エラーで勝ち越し許す

西武が22日の楽天戦(西武プリンスドーム)で守備が乱れ、7-8で逆転負けを喫した。

西武ライオンズ

鬼崎、浅村が連続エラー、リーグワースト23失策に

 西武が22日の楽天戦(西武プリンスドーム)で守備が乱れ、7-8で逆転負けを喫した。

 2点リードの9回。守護神・増田がマウンドへ。1死一、二塁から松井稼の適時二塁打で1点差とされると、伊志嶺の敬遠で満塁。川本のボテボテのゴロを三塁・鬼崎が二塁悪送球。同点に追いつかれた。

 さらに悪い流れは続く。再び満塁から後藤の打球は二塁・浅村の正面。ここで浅村の本塁送球が一塁側にそれてしまった。2連続エラーで一気に勝ち越された。

 前夜の日本ハム戦で死球を受けた4番・中村が欠場する中、楽天を上回る13安打を放ちながらも1試合4失策。90年代の黄金期には名手・辻発彦をはじめ伊東勤、秋山幸二ら鉄壁の守りを誇ったが、今季はこの日でリーグワースト23失策。守乱で勝ち星を逃した。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング