野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • イチロー、今季2度目マルチで打率.389 好調ぶりに「42歳に見えない!」

イチロー、今季2度目マルチで打率.389 好調ぶりに「42歳に見えない!」

マーリンズのイチロー外野手は21日(日本時間22日)の本拠地ナショナルズ戦で2試合連続スタメン出場し、今季2度目のマルチ安打で勝利に貢献した。

1番でシャーザー攻略に貢献、地元メディアも称賛「バットが振れている」

 マーリンズのイチロー外野手は21日(日本時間22日)の本拠地ナショナルズ戦で2試合連続スタメン出場し、今季2度目のマルチ安打で勝利に貢献した。2013年のサイ・ヤング賞右腕シャーザーから2本のヒットを放ち、3打数2安打1四球2得点。メジャー通算2942安打とし、3000安打に残り「58」とした。5-1での勝利に貢献したメジャー最年長野手の活躍に、地元メディアは「42歳に見えない!」と驚嘆している。

 シャーザーはこの試合の前までマーリンズ・パークで2勝0敗、防御率0.00と圧倒的な成績を残していたが、「1番・ライト」というかつての定位置に入ったイチローのバットが、相手のエース攻略の糸口を作った。

 まずは1回裏の第1打席。1ボールからの2球目をセンター前に綺麗に運ぶと、地元テレビ局「FOXフロリダ」で解説を務めた元阪神のエドゥワルド・ペレス氏は「完封や完全試合に関する危惧はなくなりました。イチローが仕事をしました。バットは振れていますね。素晴らしい堅実なライナーの当たりでした。(二塁手)マーフィーにはキャッチできるチャンスはありませんでした。とてもいいスイングです」と打撃を絶賛した。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中