野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 広島横山、初本拠地で2回途中7失点も…緒方監督「すぐにローテは外さない」

広島横山、初本拠地で2回途中7失点も…緒方監督「すぐにローテは外さない」

22日の阪神戦で先発した広島のドラフト2位ルーキー横山弘樹が、2回途中7失点でプロ初黒星を喫した。

広島カープ

マツダスタジアムでKOに「相手のタイミングで投げてしまった」

 22日の阪神戦で先発した広島のドラフト2位ルーキー横山弘樹が、2回途中7失点でプロ初黒星を喫した。

 初のマツダスタジアムでの登板に「声援もすごかったし、それに応えたかった」と話した横山だが、初回の先頭打者に不運な内野安打で出塁を許すと、そこから4連打などで、いきなり3点を失った。打線がすぐに4点を奪って逆転したが、2回にも1死から連打を浴び、鳥谷の3ランなどで4失点。この回の途中でマウンドを降りた。

 横山は試合後、「状態としてはまずまずだったが、今日は自分のペースで投げられなかった。相手のタイミングで投げてしまった」と落胆の表情を見せた。日程の関係で、ローテーションを一度飛ばし、中継ぎ登板もしたが「それも含めて経験。その中でそれに合わせたコンディショニングを見つけなければならない」と、影響は否定した。

 會澤と初めてコンビを組んだことに関しても「キャッチャーの求める球を投げられるようにならないといけない」と自らを律し、「打たれることも計算に入れながら、自分の持ち味を出せるようになりたい」と、次回以降の修正を誓った。

 緒方監督も「これですぐにローテを外すということはしない。バッテリーでしっかり反省して、次はまた切り替えてマウンドに上がって欲しい」と、先発ローテの一員として期待を見せた。

【了】

大久保泰伸●文 text by Yasunobu Okubo

人気記事ランキング