野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

SB内川が興奮サヨナラ弾 「『もっとかっこよく回れよ』と思ってたけど…」

ソフトバンクの内川聖一外野手が24日の日本ハム戦(ヤフオクドーム)で、今季初のサヨナラ弾を放った。

full-count18

劇的な一発で「気付いたら一周」、被災者気遣う「みなさんから力をもらっている」

 ソフトバンクの内川聖一外野手が24日の日本ハム戦(ヤフオクドーム)で、今季初のサヨナラ弾を放った。お立ち台で、「何も考えてませんでした。いつもサヨナラ本塁打を見る番。『もうちょっとかっこよく回れよ』と思っていたんですけど、実際回ってみると、気付いたら一周していた。もうちょっと楽しみたかったです」と、しみじみと振り返った。

 同点の9回1死。2ボール2ストライクから、守護神・増井の高めのフォークをすくい上げた。左翼ポール際へ高々と舞い上がった打球はサヨナラ3号ソロとなった。「厳しい試合でしたけど、チーム全員で勝ち取った勝利。震災もありまして、元気や勇気を与えると言ったんですけど、みなさんから力をもらっていることが多い。ホークスを応援してくれる方々のおかげで勝てたと思います」と振り返った。

 6回まで4点のビハインドも、日本ハム先発の大谷が7回途中で緊急降板。7回に3点を奪い、8回に長谷川が同点ソロ。最後はキャプテンの自身5度目のサヨナラ打で決めた。8回から2イニング無失点の4番手スアレスが来日初勝利となった。

 試合前にはドーム内で熊本地震の募金活動が行われた。内川は「試合前にはホークスファン、ファイターズファンに関わらず、募金活動に参加していただき、ありがとうございました。今後も活動を続けていくと思いますので、力を送っていただければと思います」と呼びかけた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング