野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 驚愕の3連発&7打点 1人で楽天沈めた西武メヒア、好調の要因とは?

驚愕の3連発&7打点 1人で楽天沈めた西武メヒア、好調の要因とは?

24日の楽天戦(西武プリンスドーム)で、西武の4番エルネスト・メヒア内野手が全7得点を挙げる活躍で、チームを3試合ぶりの勝利に導いた。

20160425_Mejia

先制ソロ→勝ち越し2ラン→逆転満塁弾、3打席連続本塁打で勝利もぎ取る

 24日の楽天戦(西武プリンスドーム)で、西武の4番エルネスト・メヒア内野手が全7得点を挙げる活躍で、チームを3試合ぶりの勝利に導いた。

 中4日でエース岸孝之を登板させたが、3回先頭の島内宏明への5球目を投じたところでアクシデントが発生。右足内転筋の違和感で早々に降板を余儀なくされた。引き継いだ小石博孝が3人で締め、流れを作ると、その裏だった。2アウトからメヒアが楽天・釜田の5球目のカーブをセンターに叩き込み、先制点を挙げた。

 2打席目は5回裏、1-1と同点とされた場面で巡ってきた。2球目の直球をセンターへ運ぶ2ランホームラン。急遽登板となりながらも、好投続ける小石を援護するべく再び2点のリードを奪った。

 しかし、6回途中からマウンドに上がったC・C・リーが、7回途中、またしても両足ふくらはぎに張りを訴え降板。続く岡本洋介、武隈祥太が乱調で、この計5失点と逆転を許した。

 ネガティブに傾きつつあった雰囲気を一気に吹き飛ばしたのが、またしてもメヒアだった。金子侑司、秋山翔吾と連続安打で出塁し、渡辺が投手ゴロで1アウトとなったところで釜田が降板。2番手・濱矢廣大から栗山巧がストレートの四球を選ぶと、満塁の大チャンスで4番に打席が訪れた。

「特に深くは考えず、とにかく満塁だったから、得点することだけに集中していた」

 初球を豪快に振り抜き、左中間スタンドへと逆転満塁打。何度追いつかれても、突き放し、勝利への執念を結果で表したのだった。

人気記事ランキング