野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 前田健太
  • “打者天国”で快投の前田健太、少年時代は「野茂の奇跡」知らなかった!?

“打者天国”で快投の前田健太、少年時代は「野茂の奇跡」知らなかった!?

23日(現地時間24日)の敵地ロッキーズ戦に先発したドジャースの前田健太投手は、6回1死からヒットを許すまで無安打投球を続けた。

20160424_maeda

クアーズ・フィールドで6回1死まで無安打、地元紙も「ノモを想起」と報じたが

 23日(現地時間24日)の敵地ロッキーズ戦に先発したドジャースの前田健太投手は、6回1死からヒットを許すまで無安打投球を続けた。標高1600メートルで打球が飛びやすく、“打者天国”とも言われるクアーズ・フィールドで、6回1/3を投げて3安打8奪三振1四球無失点で今季3勝目。20年前に同地でMLB史上唯一のノーヒットノーランを記録した元ドジャースの野茂英雄氏の快挙にも迫ったが、当時8歳だった前田がトルネードの奇跡を知らなかったことが話題になっている。ESPNが報じている。

 5回までノーヒットピッチングを続けた前田は、6回1死からルメイユにセンター前ヒットを打たれた。 ただ、1996年9月17日に野茂氏が達成して以来、クアーズ・フィールド史上2人目となるノーヒットノーランも期待させる内容に、地元紙「デンバー・ポスト」は「ケンタ・マエダはロッキーズにノーヒッターを覚悟させ、ドジャースはクアーズで絶好調」との見出しで特集した。

 同紙が「マエダは20年前のヒデオ・ノモのノーヒッターの記憶を想起させた」と副題もつけるほど、野茂氏の快挙は鮮烈なものだったが、当時の前田は知らなかったという。

人気記事ランキング