野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • ヤクルト山田、リーグ単独トップに立つ豪快8号2ラン 左翼席中段に運ぶ

ヤクルト山田、リーグ単独トップに立つ豪快8号2ラン 左翼席中段に運ぶ

ヤクルトの山田哲人内野手が26日、本拠地での広島戦でリーグ単独トップに立つ8号2ランを放った。

東京ヤクルト神宮

ジョンソンから会心の一発、ヤクルトは3点差に追い上げる

 ヤクルトの山田哲人内野手が26日、本拠地での広島戦でリーグ単独トップに立つ8号2ランを放った。

 2回の3者連続ホームラン、3回の新井の通算2000安打目となるタイムリーなどで、広島の5点リードで迎えた4回だった。相手先発ジョンソンに無安打に抑えられていたヤクルトは、先頭の川端がチーム初ヒットで出塁。続いて打席に入った山田は、3ボール1ストライクから低めへのカットボールをレフトスタンド中段に運んだ。

 試合前の時点でビシエド(中日)、筒香(DeNA)、ゴメス(阪神)と7本塁打で並んでいたが、これで単独トップに立つ8号。昨季の本塁打王が、シーズン序盤から快調に飛ばしている。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング